HOME > ニュース > セミナー情報 > 「高齢化社会に対応するドラッグストアの新たな戦略 ~地域に密着した在宅・介護分野の開拓~」(福岡 9/25、大阪10/3、東京10/18)

セミナー情報お知らせ・ニュースリリース一覧へ

このページを印刷
調剤薬局終了

経営者・経営幹部の方対象のセミナー(薬局経営者研究会ゲストセミナー )

「高齢化社会に対応するドラッグストアの新たな戦略 ~地域に密着した在宅・介護分野の開拓~」(福岡 9/25、大阪10/3、東京10/18)

lady.png

 ※本企画は終了しました。

昨今ドラッグストア(DgSは「保険調剤」への取組みに非常に力を入れています。日本チェーンドラッグストア協会(JACDSにおける2012年度全国調査によると、DgSの総店舗数は11年度全国調査より329店舗増加し、現在17,144店舗(前年比1.9%増となっております。またJACDS会員向けの別調査によると、2012年度には 処方せんを取り扱っている調剤併設型店舗の比率は前年度から2.8ポイント高まり、28%に至っています。過去5年間、調剤併設率は24~25%で推移していましたが、2012年には急速に調剤併設率が高まりました。これらの数値から、「保険調剤」の取組みへの力の入れようが見て取れます。

 今後もこの傾向は続くと予想されます。最大の要因は、一般用医薬品のネット販売解禁です。ネット販売解禁に伴って、既存店の一般用医薬品の売上は減少することが予想され、他の商品サービスで売上を確保する傾向が強まるでしょう。そこで注目されるのが「保険調剤」です。

今回ご案内するセミナーでは、

 株式会社レデイ薬局 取締役専務執行役員  調剤本部長兼在宅・介護推進チーム長  池水 信也様をお招きいたしまして、

 「高齢化社会に対応するドラッグストアの新たな戦略
        ~地域に密着した在宅・介護分野の開拓~」

 をテーマにご講演いただきます。

 レデイ薬局は、中・四国地方を中心にドラッグストアを198店舗(2013年5月末)展開されております。特に在宅分野においては、無菌調剤室を配備した店舗出店など、他のDgSチェーンに比べ早期に取り組まれてきました。DgSの取組みを知ることで、自社での取組みにご参考いただければと考えております。皆様のご参加をお待ち申し上げております。


◆実施概要

※本企画は終了しました。
■講 師:
株式会社レディ薬局 取締役専務執行役員 調剤本部長兼在宅・介護推進チーム長 池水 信也 氏
■日 程:
[福岡会場] 9月25日(水) TKP博多駅前シティセンター
[大阪会場] 10月3日(木) CIVI北梅田研修センター
[東京会場] 10月18日(金) 東京八重洲ホール
■時 間: 14:00 ~ 17:00(13:30開場)
■費 用: 10,500円/1名(税込)  
    ※薬局経営者研究会年会員様は2名様無料 
    (3名様以降1名につき 5,250円)