HOME > ニュース > セミナー情報 > 現場改善スキル向上研修(基礎)~ 自店をチェックし、改善するための手法習得 ~ (大阪:2/1木、東京:2/21水、福岡:2/24土)

セミナー情報お知らせ・ニュースリリース一覧へ

このページを印刷
調剤薬局終了

保険薬局で働く中堅社員以上(2年目以降の薬剤師・事務員他) 対象

現場改善スキル向上研修(基礎)~ 自店をチェックし、改善するための手法習得 ~
(大阪:2/1木、東京:2/21水、福岡:2/24土)

図1.png

■ 今後の成長のためには、"現場"の生産性向上が必要  

政府は、長時間労働の是正など「働き方改革」を進めています。

かかりつけ薬剤師や在宅の推進、待ち時間の削減など、保険薬局の「やるべきこと」が増える中、いかに少ない労力で付加価値を上げていくか、つまり"生産性向上"が今まで以上に求められています。仮に、生産性を向上させずに労働時間だけを削減すれば付加価値は減少し、企業の業績は低下、社員の給与も減少することは明らかです。

保険薬局の付加価値の源泉は店舗、現場にあります。つまり、現場をどのように改善できるのか、その現場改善力が今後の成功要因ではないでしょうか?

■ 問題を"問題"だと気づいていますか?  

 現場の改善は、そこで働く管理者、各スタッフが問題に気づくことがポイントです。

当たり前ですが、問題に気づかなければ、改善活動はスタートしません。

しかし、同じように店舗や現状を見ても、問題を"問題"と気づく人、そうでない人がいます。

何が違うのでしょうか?

"問題"と気づく人は、店舗数字を見るときには、前年比、他店舗比などの視点・基準を持ってみます。店舗を見る時には接遇、服薬指導、クリンリネス、待ち時間、情報提供等の視点で、どのようなレベルが望ましいのかの視点・基準を持って見ます。この物事を見る視点・基準の違いが、問題に気づく力の違いです。

現場の管理者、各スタッフは、店舗を見る視点・基準を持てているでしょうか?

現場改善力には、この問題に気づく力と、その問題を気づいた一人だけでなく、業務に関わる全ての社員が気づき、主体的な改善活動が進むような仕組を作る力が欠かせません。

■ 本研修の狙い

 保険薬局(現場)の生産性向上を目標に、改善活動に取り組む方に必要な"現場改善スキルの向上"が狙いです。自店の問題に気づく視点や基準づくり、この問題を改善する基本的手法を学び、自店の業務改善テーマを設定頂きます。

・業務効率化、 PDCA(マネジメントサイクル)の基本的な考え方、進め方を理解したい。
・人時生産性や、調剤過誤率などのデータ分析の基本を理解したい。
・現場を見る視点・基準を養い、問題に気づく仕組をつくりたい。
薬局のサービスレベルチェックシート、業務の習熟状況表(スキルチェックシート)の事例をもとに、チェックシートを作る方法を理解したい。

など、自店をチェックし、改善するための手法を演習を交えながら習得していただきます。

■ プログラム内容

1.現場での改善が求められる背景
(1)一人あたり処方箋枚数/処方箋単価の変化
(2)今後の成長のためには、生産性向上が必要 ~ 現場での業務効率化 ~

2.業務効率化の考え方
(1)業務効率化とは?
(2)業務効率化の基本的な進め方
   ① 現状の把握・・・ムラ・ムリ・ムダの見える化
   ② 主体作業の時間(割合)を増やす
   ③ 主体作業の能率(能力)を改善する
   ④ 改善の習慣化、定着を図る

3.現場改善に必要な知識とスキル
(1)PDCA(マネジメントサイクル)
    ‐ 問題とは何か?
    ‐ 問題解決のフレーム
    ‐ 継続的改善活動の仕組
(2)問題に気づく・・・ムラ・ムリ・ムダの見える化
   - 現場観察の視点
   - 現場を課題を抽出するチェックシートの作成
   ‐ データ(人時生産性)からムラ(バラツキ)を見つける
   ‐ 業務の習熟状況表の作成
   ‐ 設備チェックシートの作成
   ‐ マニュアル化の目的、実施のポイント
   ‐ 目で見る管理・5S手法とは?

4.まとめ ・・・業務改善テーマの設定

■ 実施要項  

参加対象者 保険薬局で働く中堅社員以上(3年目以降の薬剤師・事務社員他)
日 程

場 所
※研修開催1週間前を目処に、案内地図をメールまたはFAXさせて頂きます。
2月1日(木)大阪会場  : (大阪市内) <お申込はこちら>
2月21日(水)東京会場 : 東邦薬品(株)品川事業所
(東京モノレール大井競馬場前駅徒歩2分)
<お申込はこちら>
2月24日(土)福岡会場 : (福岡市内) <お申込はこちら>
時 間 14:00~18:00 (13:30開場)
※開催時間は開場の都合により30分程度前後することがあります。予めご了承ください。
最小催行
人数
5名より(最大定員数は20名まで)
費 用 一般価格 21,600円(消費税込)/1名
※ 薬局経営者研究会年会員様は16,200円(消費税込)/1名
講 師 ネグジット総研 経営コンサルティング部 トレーナー
お申込み
方法
●お申込方法① FAXでのお申し込み
 以下リンク先のパンフレット裏面に必要事項を記入の上、FAXにてお送りください。
 お申込みパンフレットはこちらから
●お申込方法② HPでのお申し込み
 日程欄の右側 <お申込はこちら>のリンク先の画面よりお申込ください。
 ※<お申込はこちら>の表示がない日程はオンライン申込準備中です。
お支払方法
振 込 先
開催3日前までに下記の銀行口座にお振込み下さい。
    三菱東京UFJ銀行 神戸支店 普通預金4634273 株式会社ネグジット総研
※お振込に係る手数料は貴社負担にてお願い申し上げます
※請求書や納品書がご入用の方は別途ご連絡をお願い申し上げます
キャンセル
ポリシー
お申込をキャンセルされる場合は、TEL:078-393-2153までご連絡ください。
※キャンセル料は下記規定のとおり発生します。
・開催日3日前まで:無料 ・開催日2日前~前日:50% ・開催日当日:100%
※既にお支払済の場合は、銀行振込手数料を差し引いた金額を返金いたします。
受講に関する
注意事項
・原則として、研修開催日の2週間前までにお申込みください。
・申込者数が定員を超えた場合は、研修開催日の2週間前であっても、申込みの受付を締め切らせていただきます。
・講師の急病や荒天・天災等、やむを得ない理由により、研修の延期または中止、講師の変更をさせていただく場合がございます。  その場合、中止に限り受講料を返金いたします。また、講座の延期や中止にともない受講者側に生じた受講料以外の費用等の賠償には  一切応じかねますので、予めご了承ください。
・講座の不開催、規程期日内のキャンセルを除き、いかなる理由でも既にお支払い頂いた受講料は返金できかねます。予めご了承ください。