HOME > ニュース > セミナー情報 > 2018年度調剤報酬改定を踏まえ、 生き残りに向けた「患者のための薬局ビジョン」の実践とは? ~大手チェーンの戦略と服薬アドヒアランスの実践事例から学ぶ~ 東京:3月6日(火) 、大阪:3月8日(木)

セミナー情報お知らせ・ニュースリリース一覧へ

このページを印刷
調剤薬局受付中

保険薬局の経営者・経営幹部の方対象 (薬局経営者研究会 特別企画セミナー)

2018年度調剤報酬改定を踏まえ、 生き残りに向けた「患者のための薬局ビジョン」の実践とは?
~大手チェーンの戦略と服薬アドヒアランスの実践事例から学ぶ~ 
東京:3月6日(火) 、大阪:3月8日(木)

図2.png

★★参加費用 特別割引のご案内★★
1月実施の経営セミナー
「どうなる⁉ 調剤報酬改定 今後の生き残り戦略とは?」(→詳細はこちら
と合わせてお申込みの方は、本セミナーの参加費用は割引価格にて参加いただけます。

※すでに上記セミナーにお申込みの方は、本セミナー申し込み時点で割引価格での適用となります。
 詳細の価格は、下記の実施概要をご覧ください。
※特別割引価格の適用の期限は、2月9日(金)24:00までのお申込みとさせていただきます。

図3.png開催にあたり、弊社ネグジット総研久保より、問題提起として、 2018年度調剤報酬改定のポイントをお伝えいたします。

図4.png第1講演では、日本調剤株式会社の深井常務をお招きし、改定を踏まえた同社の今後の戦略・方針についてお話いただきます。これまで、かかりつけ薬剤師の取り組みについて圧倒的な実績を上げられておられます。
そのひとつである残薬調整額は、2017年9月末で約1億2,400万円(同社2018年3月期第2四半期決算説明会資料より)となっています。そうした同社の取り組みの考え方や方法は大いにみなさまの参考になると考えております。

図5.png東京会場の第2講演では明治薬科大学の赤沢教授にご登壇いただきます。赤沢教授は、「薬剤師中間介入研究(PIIS)」という調査・研究をしておられます。
この「PIIS」は、薬剤師が患者に対し次回受診までに電話や患家訪問などの中間介入することで患者の不安軽減やその他問題の改善を図る取り組みで、中間介入をしない場合と比べ9割以上の患者が改善(2017年3月12日 「PIIS中間評価報告会」資料より)するという成果を残されております。  

図6.png大阪会場の第2講演では、株式会社マディアの古川氏にご登壇いただきます。古川氏は各地(松本市、対馬市等々)での糖尿病性腎症重症化予防の取り組みに関わっておられます。
これらの取り組みでは透析治療へ遷移する可能性のある患者に対し薬剤師が支援に入ることで、例えば対馬市では「腎症ステージの変化 改善25%、維持75%等」(2017年 5月23日経済財政諮問会議 資料より)といった成果を生み出しています。

図7.png【テーマ】2018年度調剤報酬改定を踏まえ、生き残りに向けた「患者のための薬局ビジョン」の実践とは?
~大手チェーン戦略と服薬アドヒアランスの実践事例から学ぶ~
【目的】: 改定を受けて 「患者のための薬局ビジョン」の実践に向けやるべきことのイメージを深めるため

【目標】: 
① 「患者のための薬局ビジョン」の実践に向けての 具体的な取り組みのキーワード・ポイントがたくさん明確になっている
②当面やるべきことのヒントが明確になっている

上記を念頭に、参加者の皆様からの質問をもとにして、講師の本音に迫ってまいりたいと考えております。毎回、このパネルディスカッションは、「講演以外の本音が聞けて良かった」など毎回非常に好評をいただいております!


 2018年度調剤報酬改定の議論が着々と進められております。128中央社会保険医療協議会にて「調剤報酬(その2)」について議題に挙がりました。そこで取り上げられた具体的な課題として「かかりつけ薬剤師の推進」「対人業務の推進」「薬局の機能に応じた評価の見直し」です。「対人業務の推進は、具体的に「服薬期間中の患者の服薬状況等をフォローアップし・・・」という点言及されています

 そこで弊社では、20183月に第10回目を迎える「特別企画セミナー」を、上記の課題を念頭に置き企画させていただきました。今回お招きする上記に紹介させていただいた方々は、いずれも薬剤師の介入・支援が価値あるものだということをデータとして残されておられます。

 大手チェーンの戦略や服薬アドヒアランスの実践事例から学ぶことは、自社の取り組みを考える上で貴重な機会となります。是非、皆様のご参加をお待ちしております。


 【実施概要】 

参加対象者 保険薬局経営者 ならびに 経営幹部の方
日 程

場 所
※研修開催1週間前を目処に、案内地図をメールまたはFAXさせて頂きます。

2018年3月6日(火) 東京会場
コンベンションルームAP東京八重洲通り
(JR「東京駅」八重洲中央口より徒歩約6分)

2018年3月8日(木) 大阪会場
新大阪丸ビル別館
(JR「新大阪駅」東口より徒歩2分)

お申込みはこちら

お申込みはこちら

時 間 13:00~17:30 (11:30開場)
※開催時間は開場の都合により30分程度前後することがあります。予めご了承ください。
費 用

◆通常価格
・一般価格 27,000円(税込)/名
※「薬局経営者研究会」会員企業様 19,440円(税込)/名
※「調剤くん」「ENI-Pharmaシリーズ」「ENIFvoiceCore」ユーザー様 23,760円(税込)/名

◆割引価格
1月実施の経営セミナー
どうなる⁉ 調剤報酬改定 今後の生き残り戦略とは?」 と合わせてお申込みの方は、下記の割引価格にてご参加いただけます。
・一般価格 21,600円(税込)/名
※「薬局経営者研究会」会員企業様 14,040円(税込)/名
「調剤くん」「ENI-Pharmaシリーズ」「ENIFvoiceCore」ユーザー様 18,360円(税込)/名

講 師 ゲスト講師
お申込み
方法
●お申込方法① FAXでのお申し込み
 以下リンク先のパンフレット裏面に必要事項を記入の上、FAXにてお送りください。
 お申込みパンフレットはこちらから
●お申込方法② HPでのお申し込み
 日程欄の右側 <お申込はこちら>のリンク先の画面よりお申込ください。
 ※<お申込はこちら>の表示がない日程はオンライン申込準備中です。
お支払方法
振 込 先
開催3日前までに下記の銀行口座にお振込み下さい。
    三菱東京UFJ銀行 神戸支店 普通預金4634273 株式会社ネグジット総研
※お振込に係る手数料は貴社負担にてお願い申し上げます
※請求書や納品書がご入用の方は別途ご連絡をお願い申し上げます
キャンセル
ポリシー
お申込をキャンセルされる場合は、TEL:078-393-2153までご連絡ください。
※キャンセル料は下記規定のとおり発生します。
・開催日3日前まで:無料 ・開催日2日前~前日:50% ・開催日当日:100%
※既にお支払済の場合は、銀行振込手数料を差し引いた金額を返金いたします。
受講に関する
注意事項
・原則として、研修開催日の2週間前までにお申込みください。
・申込者数が定員を超えた場合は、研修開催日の2週間前であっても、申込みの受付を締め切らせていただきます。
・講師の急病や荒天・天災等、やむを得ない理由により、研修の延期または中止、講師の変更をさせていただく場合がございます。 その場合、中止に限り受講料を返金いたします。また、講座の延期や中止にともない受講者側に生じた受講料以外の費用等の賠償には 一切応じかねますので、予めご了承ください。
・講座の不開催、規程期日内のキャンセルを除き、いかなる理由でも既にお支払い頂いた受講料は返金できかねます。予めご了承ください。